ミクロ国家連合における国家の定義

領域(Staatsgebiet:領土、領水、領空)- 一定に区画されている。
人民(Staatsvolk:国民、住民)- 恒久的に属し、一時の好悪で脱したり復したりはしない。
権力(Staatsgewalt)ないし主権- 正統な物理的実力のことである。この実力は、対外的・対内的に排他的に行使できなければならない、つまり、主権的(souverän)でなければならない。

ミクロ国家連合における国家の承認条件

① 国民となる定住者がいること(恒久的住民の存在)
② 一定の固有の領土を要すること
③ 統治組織が存在すること
④ 他国と条約の締結等の外交的能力をもつこと
⑤ 重大な国際法違反を伴わない樹立でなければならない(適法性)

①から④の4要件を規定した,1933年の通称「モンテヴイデオ条約」は従来からのこの立場を改めて確認したものと解されています。

領土
国名
君主
国家
国旗
国教

有効な国家承認とは,前掲の国家成立の5要件を新国家が充足していることを前提として,既存の国家が,それを国際法の主体たる国家(=独立した主権国家)とみなす旨の意思表示を行うことをいいます。
一般的にその意思表示は,新国家に対する通告や宣言で明示的に行われる場合のほか,正式な外交関係を開設したり,国際機構,とくに国際連合への加盟への賛同を行ったりすることで黙示的に承認したと評価される場合があります。